超ローカルと超グローバルを体験。
「本物」に触れるのが、東京一番フーズのこだわりです。

今回のインターンシップでは、
超ローカルな長崎ファームと超グローバルなニューヨークの店舗で行います。
東京一番フーズは数少ない、魚の養殖、加工、流通、販売といった
水産業のバリューチェーン全体をカバーしている会社です。
だからこそ「超ローカルな生産元」と「超グローバルな流通先」の両極端を
体験することで、東京一番フーズの取り組む
6次産業という仕事の幅広さと面白さを知ってもらいたいと思います。

開催地

Nagasaki 長崎県平戸市田平町山内免34
NEW YORK 325 Lexington Avenue, New York, NY 10016

課題

  • 東京一番フーズでは六次産業として生産からサービスまでを一貫して、社内でおこなっています。長崎県平戸市には子会社である長崎ファームの養殖場があり、市と連携しながら様々なプロジェクトを実施中です。
    そんな豊かな自然と長い歴史を持つ平戸市に多くの人が訪れるようになる企画を考え、市長に直談判!していただきます。平戸市はふるさと納税2年連続日本一の記録をもつ、ローカルビジネスのロールモデル。市長へのプレゼンテーションはきっと大きな学びになるでしょう。
    期間:2018年1月15日頃〜・2泊3日
  • この秋、東京一番フーズの運営する「WOKUNI」がニューヨークにオープンし、当社では海外戦略にいっそう力をいれていきます。
    そこで皆さんには、ニューヨークで「ブリ」「マグロ」といった日本の魚がムーブメントになるようなビジネスを、現地でのフィールドワークを通じ企画していただきます。与えられた日数は3日間。もしかしたら、あなたが考えた企画がニューヨークを席巻するかもしれません!
    期間:2018年1月10日頃~・4泊6日

応募方法

リクナビ・マイナビの採用ページにアクセスし、
インターンシップの説明会にお申込みください。
選考・インターンの詳しい内容については説明会にて発表します。

説明会

新宿会場:12月11日(月) 16:00〜

WEB説明会

1回目:12月6日(水) 16:00〜

予約はこちら

2回目:12月9日(土)14:00〜

予約はこちら

お問い合わせ

http://www.tokyo-ichiban-foods.co.jp/contact.html

株式会社 東京一番フーズ
東京都新宿区新宿5-6-1 新宿やわらぎビル4F
TEL:03-5363-2132

東京一番フーズとは?

東京一番フーズは水産業を極める会社です。
魚の養殖、加工、流通、販売までを行う6次産業を構築し、
他にない事業スタイルで2015年に東証一部上場を果たしました。
2017年、ニューヨークに海外第一号店を構え、
海外展開にも力を入れています。

東京一番フーズ3つの極み

  • 水産業をめる

    長崎県古江湾にある養殖場にて、クロマグロ・トラフグ・近畿大との産学連携による近大ブリの養殖を行っています。1・2・3次産業全てをカバーする、6次産業に取り組む企業は徐々に出てきていますが、ハイクオリティな魚の養殖にこれほど本気で取り組んでいるのは東京一番フーズだけと言えるかもしれません。会社全体で本気で水産業を極めています。

  • サービスをめる

    東京では大阪と比べてそれほどふぐを食べる文化がなく、また値段が高く品質も良くないお店が多くありました。東京一番フーズは国産で最高級の元気なふぐを、文化に根付くような値段で提供することをモットーに6次産業化に取り組み、「本物」をリーズナブルに提供できるようサービスを極めることを目標としています。

  • ビジネスをめる

    6次産業のビジネスモデルを発展させ、多事業を展開する東京一番フーズ。上場はしていますが、社長も社員もベンチャーマインドで働いています。海外事業もスタートした今、既存事業に捉われない新規事業の立ち上げや、独立・起業にも積極的に挑んでいただきたいと考えています。

おもてなしのを面接にて。

東京一番フーズに最終面接に来てくれた方の中から希望してくれた方に、自慢の「とらふぐ」でおもてなしをします。

極上のふぐを囲んで、リラックスしながらお話ししましょう。

あなたの「」を教えてください。

元オリンピック選手、20ヶ国語を操るマルチリンガル、水質オタク…東京一番フーズには何かを極めた社員がたくさん働いています。
一見仕事で役に立たないようなことでも構いません。あなたが極めたこと、そこに辿り着くまでの努力や苦労について詳しく教えてください。

東京一番フーズをもっと知りたい方へ